完治が難しい難病として後縦靱帯骨化症があります

コンテンツ

難病との付き合い

早期発見と症状緩和で天命を全うできます。

後縦靱帯骨化症とは現在の医療では完治が難しい難病に指定されている病気の一種です。背骨を走る後縦靭帯と呼ばれる神経を守る靭帯が骨化してしまい、神経の伝達がうまくいなかくなり、暑い寒いと感じる知覚神経と、体をスムーズに動かす運動神経の動きが悪くなってしまう病気となります。欧米人よりも日本に多く、女性よりも男性、病気では糖尿病や肥満の方に多いことまでは分かってきています。この後縦靱帯骨化症という病気は命に直結する症状は少ないため、運動神経障害による転倒に注意していれば、一般の方と同じように天命を全うできます。難病指定されているため、医師による診断を受けて医療費控除を申請すればこの病気にかかる医療費も全額免除されます。

苦痛と再発を取りのぞくように最善のケアが施されます。

難病指定されている病気は、後縦靱帯骨化症に限らず、根治よりも対症療法と呼ばれる症状に対する症状緩和が治療の基本となり、後縦靭帯が骨化してしまって神経の圧迫が強くなってしまった時に手術で取り除く治療が行われます。他にも転倒が一番のリスクになるため、杖や歩行補助具を使って普段から転倒に注意すること、温度の感じ方が人と違うため低温やけどや凍傷に注意するように生活指導も行われます。脳からの指令を足の方向へ伝える首の部分にも、この後縦靱帯骨化症は起こりえます。首にこの病気が見られたときには、カラーを巻いて首の神経を守る方法が取られることもあります。いずれの部分に病気が起こった場合も、これ以上病気の症状で苦しまないように、症状緩和と再発予防の両面からのケアが受けられます。

レントゲンで検査

後縦靱帯骨化症はレントゲンをしっかり撮影し、明確に原因を踏まえてから治療をう進めていきます。病院によって検査が利用できるか分かれるので、事前に確認しておくことが大切です。

詳細を読む

最新の治療方法

副作用が強く出る癌の治療ですが、NK細胞を用いた療法が存在します。この細胞を使うことで患者ぬ負担を与えることが出来るという、大きな魅力を持った代替医療と言えます。

詳細を読む

早めに改善を進める

心筋梗塞の症状は、早めに改善を進めて行くことが大切です。苦痛を伴う症状になっているので、これらを抑えられるように、医師と相談を行いながらプランを組んでいきましょう。

詳細を読む

腫瘍を除く

聴神経腫瘍は聴神経あたりに発生するす主要であり、器官の働きに影響を与えてしまう可能性があります。そのため、これらの状態を抑えるために、専門病院で診てもらい、手術を受ける必要があります。

詳細を読む

オススメリンク

  • 両国あしのクリニック下肢静脈瘤専門サイト

    簡単に情報を調べておくことができるので、下肢静脈瘤に関することが知りたいと思っているならこちらからとなっています。

↑ PAGE TOP